クウェート・クラウンプリンスカップ06/07

【クウェート】

☆Kuwaiti Crown Prince Cup 06/07

  ▽グループリーグ (goalzz.com 06/05
  ▽準決勝
 ▽決勝
posted by TDFR at 2007-06-05:22:55: | Comment(0) | TrackBack(0) | 西アジア | edit

バーレーン・クラウンプリンスカップ2007:優勝はアル・ムハッラク!

【バーレーン】

☆Bahrain Crown Prince Cup 2007 rsssf
 
 ※リーグ上位4チームによる大会

 ▽準決勝

  2007/05/24  Riffa    0 - 2 Najma
    2007/05/26  Muharraq 1 - 0 Busaiteen

 ▽決勝

  2007/05/31 Najma     0 E 1 Muharraq

    優勝:アル・ムハッラク
posted by TDFR at 2007-06-01:00:00: | Comment(0) | TrackBack(0) | 西アジア | edit

ヨルダンリーグ06/07:優勝はアル・ウィーダ!

【ヨルダン】

☆ヨルダンリーグ06/07

・第18節:アル・ウィーダがすでに降格が決まっているエタド・アル・ラムタを大差で下して優勝(05/31)


 ▼最終順位

                      GP  W  D  L   GF GA  GD  Pts
   -----------------------------------------------
   1.  Al-Weehdat    18  13  5  0   40 11  29  44  優勝
   2.  Al-Faysali    18  10  6  2   25 14  11  36
   3.  Al-Baqa'a     18  10  4  4   25 17   8  34
   4.  J. Youth Club 18   9  5  4   35 19  16  32
   5.  Al-Hussein    18   7  5  6   26 18   8  26
   6.  Al-Jazeera    18   7  5  6   22 19   3  26
   7.  Al-Arabi      18   3  6  9   17 31 -14  15
   8.  Al-Ramtha     18   4  3 11   22 38 -16  15
   - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -  
   9.  Al-Yarmouk    18   3  5 10   15 28 -13  14  降格
  10.  Ethad AR      18   0  4 14   10 42 -32   4 降格

posted by TDFR at 2007-05-31:00:00: | Comment(1) | TrackBack(0) | 西アジア | edit

イラン・プロリーグ06/07:優勝はサイパ!

【イラン】

 順位表(soccerway.com) wiki

 第30説:アリ・ダエイが率いるサイパ優勝を決めた                    (05/29)

    

  ・サイパ選手兼コーチのアリ・ダエイは選手現役引退を表明
  ・来期イラン・プレミアリーグは18チームで行われる

 ▽最終順位

                               P  W  D  L  GF-GA  Pts
  ---------------------------------------------------
  1.Saipa                    30 15 11  4  45-31  56  優勝
  2.Esteghlal                30 16  6  8  33-28  54
  3.Pirouzi                  30 14 11  5  49-33  53
  4.Esteghlal                30 14 10  6  39-30  52
  5.Sepahan                  30 14  7  9  41-28  49
  6.AbooMoslem               30 11 10  9  40-36  43
  7.Peykan                   30 11  8 11  37-42  41
  8.Zob-Ahan                 30 10  9 11  39-42  39
  9.Mes                      30  8 12 10  35-39  36
 10.Fajr-Sepasi              30  7 13 10  29-32  34
 11.Paas                     30  7 13 10  36-36  33  *
 12.Bargh                    30  8  9 13  35-45  33
 13.Saba batry               30  7 11 12  28-31  32
 14.Malavan                  30  7 11 12  21-30  32
  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 
 15.Foolad (Ahvaz)           30  5 13 12  24-33  28  昇格・降格プレイオフ
 16.Rah-Ahan (Tehran)        30  2 14 14  30-45  20  昇格・降格プレイオフ

 *第20節に外国人選手枠に違反、勝ち点‐1



 第18節:2位エステグラル引き分け、首位サイパとの差は8       (02/10)
 第17節:首位サイパ引き分ける                                      (02/03)
 第16節:サイパ単独首位、2位エステグラルと勝ち点6差              (01/27)

 ・アジジがイランリーグチームの監督に(01/15)

   
    ↑なぜか都並に似てますが、アジジの写真

  元イラン代表のコダダ・アジジ Khodadad Azizi がイランプロリーグの
  アブ・モスレムAbo Moslemの監督として指名された。同クラブのテクニカル
  ダイレクターだったアジジは、メウディ・ギアシMehdi Ghiasi氏を引き継いで
  の監督就任


 第12節:サイパ・エステグラル勝利で同勝ち点のまま                 (12/11)
 第11節:サイパ・エステグラル共に勝利                             (12/03)
 第10節:サイパ破れ勝ち点がエステグラルと並ぶ                     (11/22)
 第 9節:サイパ勝利で首位はキープ                                 (11/10)
 第 8節:テヘランダービーはペルセポリス勝利、首位はサイパ         (11/04)
 第 7節:サイパ勝利し首位、エステグラルは引き分け2位に、         (10/29)
 第 6節:エステグラル首位、2位にダエイ所属のサイパ浮上           (10/20)

 第 4節:エステグラル・アーヴァズ敗れるも首位                     (09/30)

 第 2節:エステグラル・アーヴァズとエステグラル・テヘランが2連勝 (09/18)
 第 1節:リーグ王者エステグラル白星発進                           (09/11)
posted by TDFR at 2007-05-29:23:41: | Comment(1) | TrackBack(0) | 西アジア | edit

なんでピルージはペルセポリスとも言われるのか

【イラン】

 アジア3大ダービーに数えられるテヘランダービー。
 (あと2つはコルカタと千葉)

 

 そのカードはエステグラル−ペルセポリス戦なのですが、
 アジアンサカヲタで頭を悩ます一つとして、

  イランのピルージとペルセポリスは違うチームなのか?
 
 ということがございます。


 結論で言うと、同じチームなのですが、なんで2つも名前があるんじゃーと
 思っていたところ、いい本に答えがあったので中身をまとめます。



 1919  第一次世界大戦後、レザーハーンによるクーデター、
        皇位に就任、パフラヴィー朝創設

       ○国家近代化の一環として、体育の授業を推進
      
        ・ドイツの訓練法を学校のカリキュラムに
        ・軍にサッカーの試合を行わせる

         「1920年代半ばまでにフットボールは現代化の象徴となり
          やがて試合内容も最高レベルにまで高められた」- イランの歴史家
 
        ○外国人経営のミッションスクールでサッカーを行う

       ○アングロ・ペルシアン・オイル社の従業員がサッカーを行う


        ⇒近代化の流れに反抗するムッラー(聖職者)たちの反発も一部にあり

        ・モスクの土地を強制収用、サッカー場に作り変える
        ・短パンがイスラム法に反している
        ・レザー・ハーンの聖職者に対する扱いに不満


 1941  レザーハーンの息子モハンマド・レザー・パフラヴィーが皇帝に
  
         ・皇太子時代(=サカヲタ)
    
          ・スイスのロージースクールでサッカーをプレイ
          ・帰国後、士官学校でFWとしてレギュラー

 
         ○親米路線のもとで近代化・工業化を行う「白色革命」を提唱

          ⇒地方から多くの移民が工業化された街へ移動

           ・休日の娯楽としてサッカー観戦が広がる
           ・放送の発達により、テレビ観戦が可能となる
      
         ○アジアカップ68

          ・対イスラエル戦でサッカー人気が決定的に

            イラン 2−1 イスラエル
 

  70’S サッカーブーム到来

        ○クラブチームでの人気高まる

        ⇒王室もその人気を利用

         ・王室  :タージ       Taj を応援
         ・国王の妻:ペルセポリス Persepolis(タージのライバルチーム)を応援        
     
        ⇒”体制=サッカー”という認識が反政府感情
          (現代化により軽んじられてきた宗教方面)に広がる


 1979 イラン革命  

             ○ 革命側の”旧体制”のシンボルとしてのサッカーをみなす動き

       ・厳格な禁欲主義者たちは、サッカーは下劣なスポーツと
        いう見解を発表

       ・テヘラン大学サッカー場を祈祷の拠点に

       ・スポーツ(サッカー)クラブの国有化、名前を変更

        ⇒タジ(クラウン、冠) をエステグラル(自主)に

        ⇒ペルセポリス(都市名)をアザディ  (自由)に
         ※その後ピルージ (勝利)に名称変更するも、今も元の名前で
          呼ばれる場合が多い。      

   80’s 資金援助のカットなどから、リーグなどの規模が大幅に減る


      90年代以降は、wikiを読んでくだされ。


総合クラブとしてはPersepolis Athletic and Cultural Club.
ってなっているので、そっちの方が有名なのかもしれませんが、
東京Vを読売って言う感じで居てほしいなあ、とかも思います。



※「サッカーが世界を解明する」 - フランクリン・フォア著
  ”第9章 イスラムの願い テヘラン”よりまとめ
posted by TDFR at 2007-05-25:13:31: | Comment(1) | TrackBack(0) | 西アジア | edit

WAFF選手権2007

★第4回WAFF選手権(西アジアサッカー連盟)2007 
  The 4th West Asian Football Federation Championship 2007

 

・開催地:ヨルダン(レバノン?)

・開催日:2007年6月16日−6月25日
     2006年7月25日から8月3日まで
     ※本来は2006年開催だったが、イスラエル・レバノン間で情勢が悪化、
      2007年に延期(およびホスト国変更との報道あり)

・予選抽選会:2006年3月24日 01/06 
  
 futbol planet


・参加チーム: 6チーム

 【レバノン】【イラク】【UAE】【ヨルダン】
 【パレスチナ】【イラン】【シリア】【カタール】

 ※UAEとカタールは当初予定。


 ▽グループA

 2007/06/15 ヨルダン - レバノン
 2007/06/17 レバノン - シリア
 2007/06/19 ヨルダン - シリア


 ▽グループB(イランは代表Bチームとのこと by イランのサッカー情報さん)

 2007/06/16 イラン   - パレスチナ
 2007/06/18 イラク   - パレスチナ
 2007/06/20 イラン   - イラク


 ▽準決勝

 2007/06/22

 ▽3位決定戦

 2007/06/24

 ▽決勝

 2007/06/27


posted by TDFR at 2007-05-18:18:51: | Comment(0) | TrackBack(0) | 西アジア | edit

サウジアラビアリーグ06/07:ファイナルステージ

【サウジアラビア】

 ☆ファイナルステージ

  
   1)2007/05/19 アル・ワーダ  (3位)    -   アル・シャバブ(4位)
  2)2007/05/25 アル・イテハド(2位)   -    1)勝者

  ▽決勝 

   2007/       アル・ヒラル (1位)   -    2)勝者



 ☆レギュラーシーズン 

 ・第22節:プレイオフ進出4チームが確定 (05/11

                    P  W  D  L GF-GA Pts
  -------------------------------------------------
  1  Al-Hilal     22 17  2  3 38 15  53 プレイオフ
  2  Al-Ittihad   22 15  3  4 52 25  48 プレイオフ
  3  Al-Wahda     22 14  5  3 41 25  47 プレイオフ
  4  Al-Shabab    22 14  2  6 45 27  44 プレイオフ
  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
  5  Al-Ahli      22  7  8  7 29 33  29
  6  Al-Ittifaq   22  6  7  9 34 34  25
  7  Al-Ta'ee     22  6  5 11 32 37  23
  8  Al-Hazm      22  6  3 13 28 38  21
  9  Al-Nasr      22  5  6 11 24 37  21
 10  Al-Quadisiya 22  5  5 12 22 36  20
  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 
 11  Al-Faysaly   22  4  6 12 23 42  18 降格
 12  Al-Khaleej   22  4  6 12 21 40  18 降格

ひそかにACL準々決勝一発目にやりたい(こう書くとイヤラシイな)のは、スーパー名門のアル・ヒラルだ! 
posted by TDFR at 2007-05-15:16:54: | Comment(0) | TrackBack(0) | 西アジア | edit

オマーンリーグ06/07:第22節:優勝はアル・ナーダ!

【オマーン】

 ☆オマーンリーグ06/07 08/12

 ・第22節:アル・ナーダ優勝!                            (05/05)


                       P  W  D  L  GF-GA Pts
 -------------------------------------------
  1.Al-Nahda         22 12  7  3  35-20  43  優勝
  2.Al-Urooba        22 12  5  5  28-18  41 
  3.Dhofar           22  9  9  4  31-22  36 
  4.Al-Nasr          22  9  8  5  28-19  35 
  5.Muscat           22  9  5  8  26-18  32 
  6.Al-Tali'aa       22  8  8  6  19-17  32
  7.Seeb             22  8  6  8  31-29  30  
  8.Sur              22  8  5  9  24-25  29  
  9.Bahla            22  6  4 12  24-32  22
 10.Khaboora         22  5  7 10  15-26  22  
 -------------------------------------------
 11.Majees           22  5  5 12  16-32  20  降格
 12.Al-Salam         22  4  5 13  24-43  17  降格

 ・第13節:首位アル・ナーダ引き分け、2位にドフェル浮上      (02/12)
 ・第12節:アル・ナーダ首位、2位はスル                      (02/05)

 ・第 9節:首位アル・ナーダ、2位は勝ち点1差でアル・タレアー(12/29)

 ・第 1節:リーグ王者マスカットが昇格チームに敗れる          (10/16)


・オマーンサッカー協会が新シーズンは10月12日にキックオフとなると発表。

・12チームが参加して優勝を争うオマーンリーグ、2回戦総当りのリーグ戦後に
 下位の2チームは下部リーグに降格する。

・優勝チームには2万6000ドル、準優勝チームには1万9500ドル、3位チームには1万3000ドル
 の賞金

 08/12


posted by TDFR at 2007-05-05:23:24: | Comment(0) | TrackBack(0) | 西アジア | edit

シリアリーグ06/07:第25節:優勝はアル・カラマー!

【シリア】

 順位表(rsssf)


・第25節:残り1節残しアル・カラマーが優勝決定。リーグ2連覇達成   (05/05)

・第15節:上位2チームに順位・勝ち点差共に変わらず                  (02/18)

・第13節:カラマー2位へ、首位イテハドとの勝ち点差1                (01/20)
・第12節:カラマー3位浮上、首位はイテハド変わらず                  (01/06)

・第10節:カラマー連勝で4位まで上昇、首位はイテハド                (12/26)

・第 8節:アル・イテハドが連勝で首位、試合数が少ないカラマーは10位(12/16)

・第 2節:ホッタイン首位、ACLベスト4進出のカラマーは引き分け    (10/02)
・第 1節:AFCカップ前王者のアル・ジャイシュが引き分け            (09/25)
posted by TDFR at 2007-05-05:20:13: | Comment(0) | TrackBack(0) | 西アジア | edit

カタール・クラウンプリンスカップ2007:優勝はアル・サッド!

【カタール】

 ☆Qatar Crown Prince Cup 2007

 ・カタールリーグ上位4チームによるカップ戦 wiki

 ▽準決勝 05/04

  2007/04/29 アル・サッド   0 - 0 アル・ラッヤン Al-Rayyan
  2007/05/02 アル・ラッヤン 0 - 3 アル・サッド   Al-Sadd

  2007/04/29 アル・ガラファ 1 - 0 ウッム・サラル  Umm salal
  2007/05/02 ウッム・サラル 0 - 4 アル・ガラファ  Al-Garrafa

 ▽決勝

  2007/05/05 アル・ガラファ 1 - 2 アル・サッド

   優勝:アル・サッド
posted by TDFR at 2007-05-05:00:00: | Comment(0) | TrackBack(0) | 西アジア | edit

クウェート・アルクラフィカップ06/07:優勝はカズマ!

【クウェート】

 ☆Alkhurafi Cup 06/07 結果 GOALZZ.com


 ▽グループA:

                     P W D L GF GA  GD  Pts
    ---------------------------------------
   1 Al-Qadsia      6 4 1 1 15  4  11  13   アル・カディシャ
   2 Al-Arabi       6 3 3 0  9  2   7  12   アル・アラビ
  3 Al-Salmiyah    6 3 2 1 15  5  10  11   
  4 Al-Ttadamon    6 1 4 1  5  5   0   7   
  5 Al-Shabab      6 2 1 3  2  9  -7   7   
  6 Al-Nasar       6 0 3 3  2 18 -16   3   
  7 Al-Fehaheel    6 0 2 4  7 12  -5   2   


 ▽グループB:

                     P W D L GF GA  GD  Pts
    ---------------------------------------
  1 Kazma          6 5 1 0 21  4  17  16   カズマ
  2 Al-Kuwait SC   6 5 1 0 21  5  16  16   クウェートSC
  3 Khaitan        6 3 1 2 11 11   0  10   
  4 Al-Salibikhaet 6 2 1 3  9 19 -10   7   
  5 Al-Jahra       6 2 0 4  8 11  -3   6   
  6 Yarmouk        6 1 0 5  8 15  -7   3   
  7 Al-Sahel       6 1 0 5  7 20 -13   3 


 ▽準決勝

 2007/04/03 カズマ           1 - 0 アル・アラビ
 2007/04/03 アル・カディシャ 0 - 1 クウェートSC

 ▽3位決定戦

 2007/04/20 アル・アラビ     1 - 0 アル・カディシャ
 

 ▽決勝

 2007/04/25 クウェートSC   0 - 1 カズマ

 優勝:カズマ
posted by TDFR at 2007-04-30:00:00: | Comment(0) | TrackBack(0) | 西アジア | edit

クウェートリーグ06/07:優勝はクウェートSC!

【クウェート】

 順位表(soccerway) 
 各大会

▽最終順位表

 1.  Kazma        14 10 2  2   32   23-08 優勝決定戦へ ※同勝ち点だったため
 2.  Al-Kuwait    14 10 2  2   32   24-12 優勝決定戦へ 
  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
 3.  Al-Salmiyah  14 10 1  3   31   33-15 
 4.  Al-Quadsia   14  8 1  5   25   27-19 
 5.  Al-Sahil     14  3 3  8   12   14-31 
  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
 6.  Al-Arabi     14  1 6  7    9   11-21 降格・残留プレイオフ
 7.  Al-Tadhamon  14  2 3  9    9   15-28 降格・残留プレイオフ
  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 
 8.  Al-Fehaiheel 14  2 2 10    8    8-21 降格 
 
 ▽優勝決定戦

 2007/04/22 クウェートSC 2 - 0 カズマ

 優勝:クウェートSC


・第 3節:クウェート、アル・サルミヤーが3連勝                 (12/11)
・第 2節:クウェートSC2連勝。2連勝チームは3チーム         (12/06)
・第 1節:昨シーズン王者のクウェートSCが大勝                 (11/27)

posted by TDFR at 2007-04-23:12:50: | Comment(0) | TrackBack(0) | 西アジア | edit

バーレーンリーグ06/07:第20節:優勝はアル・ムハッラク!

【バーレーン】

 ☆バーレーンリーグ順位表(RSSSF) soccerway

 ・第20節:1957年以来、アル・ムハッラクはリーグで2節を残した時点で29度目の優勝を決めた(04/21)

 ・第 9節:2位ムハッラクが首位アル・リッファと勝ち点1差に(02/06)

 ・第 7節:アル・リッファ首位、2位は勝ち点3差でムハッラク(12/27)
posted by TDFR at 2007-04-21:12:46: | Comment(0) | TrackBack(0) | 西アジア | edit

イラク、サルマン代表監督を更迭

【イラク】


04/19

イラクサッカー協会から出されたプレスリリースによると、イラク代表チームの
アクラム・アーメド・サルマン Akram Ahmed Salman 監督が‘彼の責務から解放’
されたとのこと。

イラクFAは1月に行われた第18回ガルフカップの成績不振の理由の2ヶ月に
わたる調査を終えた委員会からの提案を受け入れたもの。

イラク代表はグループリーグの最終戦でサウジアラビアに敗れ、ガルフカップでは
グループリーグで敗退。開催国のUAEが優勝していた。

現在、オリンピック代表監督を務めているヤーヤ・アルワン Yahya Alwan 氏が
サルマン氏の後任の最有力候補とのこと。



イラクFAはまた、DFアーメド・カドゥム、FWエマド・モハメド、
ラッザク・ファルハンの3選手をイラクFAフセイン・サエード会長に
ついての‘間違った主張’を流布したとして2年間全てのサッカー活動への
参加を禁止する処分を言い渡した(04/19)
 
 Ahmed Kadhum, Emad Mohamed, Razzaq Farhan
posted by TDFR at 2007-04-19:00:00: | Comment(0) | TrackBack(0) | 西アジア | edit

カタールリーグ06/07:優勝はアルサッド

【カタール】

 リーグ順位表(SOCCERWAY.COM)

 ・今シーズンは8月21日のシェイク・ジャッシム杯(16チームが参加)で開幕(08/09)



 ・最終節:優勝はアル・サッド(04/16)

                 GP  W  D  L  Pts   GF-GA 
  -----------------------------------------
  1. Al Sadd     27 17  4  6  55    52-29  アル・サッド 【優勝】
  2. Al Gharrafa 27 11 10  6  43    51-41  アル・ガラファ
  3. Umm salal   27 11  6 10  39    35-28  ウッム・サラル
  4. Al Rayyan   27  9 10  8  37    40-42  アル・ラッヤン
  5. Al Wakra    27  7 13  7  34    29-29  アル・ワクラー
  6. Qatar SC    27 10  4 13  34    35-36  カタールSC
  7. Al Khor     27  9  6 12  33    35-40  アル・コール
  8. Al Shamal   27  7 11  9  32    26-36  アル・シャマル
  9. Al Arabi    27  8  6 13  30    35-41 アル・アラビ
 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -  
 10. Al Ahli     27  7  8 12  29    29-45  アル・アーリ 【降格】



 ・第19節: アル・サッド、2位ガラファとの勝ち点差は14に      (02/12)

 ・第1?節: アル・サッド、アル・ラッヤンと引き分け             (02/04)

 ・第15節: アル・サッドは引き分け、2位はウッム・サラル       (12/31)
 ・第14節: エメルソンのハットトリックでアルサッド連勝続く     (12/24)

 ・第12節: エメルソンのゴールでアルサッド勝利、2位はガラファ (12/10)
 ・第11節: アルサッド勝利で首位変わらず。2位との勝ち点差10 (11/13)
 ・第10節: アルサッド首位、ウッム・サラルが2位に             (11/13)
 ・第 9節: アルサッド独走、アル・ガラファが2位浮上           (11/06)
 ・第 8節: アル・サッド勝利、2位ウッム・サラルが敗れる       (10/29)
 ・第 7節: 連勝のアル・サッドが単独首位に                     (10/24)
 ・第 6節: アル・サッド首位に返り咲く                         (10/15)
 ・第 5節: 首位ウッム・サラル、2位アル・サッドともに勝利     (10/08)
 ・第 4節: ウッム・サラル、アル・サッド破り首位               (10/02)
 ・第 3節: アル・サッド勝利で再び首位へ                       (09/24)
 ・第 2節: アル・サッドは引き分け、首位はウッム・サラル       (09/17)
 ・第 1節: 王者アル・サッド完勝                               (09/10)


 ・9月7日開幕
 ・10チーム参加
 ・3期に分けたリーグ戦
 ・アジア大会中は中断
 ・1月のフェデレーションカップおよびガルフカップ中は中断


 ▽Qリーグ2006/07シーズン出場クラブ

 アル・サッド              Al Sadd          (昨シーズン王者)
 カタールスポーツクラブ    Qatar Sports Club
 アル・アーリ              Al Ahli
 アル・コール              Al Khor
 アル・ラッヤン            Al Rayyan
 アル・アラビ              Al Arabi
 アル・ワクラー            Al Wakra
 アル・ガラファ            Al Gharafa
 アル・シャマル            Al Shamal
 ウッム・サラル            Umm Salal

 09/06
posted by TDFR at 2007-04-16:10:26: | Comment(0) | TrackBack(0) | 西アジア | edit

アル・ヒラルがトニーニョ・セレーゾ氏を解任

【日本】【サウジアラビア】


・アル・ヒラル、トニーニョ・セレーゾ解任。後任はマルコス・パケタ元サウジ代表監督

 サウジの強豪、アル・ヒラルは2ヶ月でトニーニョ・セレーゾ監督を成績不振により
 解任。後任はマルコス・パケタ元サウジアラビア代表監督
 
 Goal.com, 03/31



 

・アル・ヒラルがトニーニョ・セレーゾ氏を新監督に任命

 元サウジリーグチャンピオンのアル・ヒラルがポルトガル人のホセ・ビセロ監督を解雇し
 、Jリーグ鹿島アントラーズ元監督のブラジル人、トニーニョ・セレーゾ氏を後任に指名。

 ビセロ氏はこのAFCチャンピオンズリーグ出場チームを14試合中10勝で首位に
 導いていた(02/05)


・トニーニョ・セレーゾ、アル・ヒラル監督に就任か

 元ローマ及びサンプドリアで活躍し、監督しては日本の鹿島アントラーズを率いた
 ブラジル人トニーニョ・セレーゾ Toninho Cerezo がサウジの強豪アル・ヒラルとの
 交渉のためサウジ入りするとの情報

GOAL.COM 01/02

サウジでタオル首巻姿のセレーゾ、ハァハァ
 
posted by TDFR at 2007-04-09:20:19: | Comment(0) | TrackBack(0) | 西アジア | edit

ややこしいが、こうなっている

・西アジアの代表監督の流れ

 サウジ  :カルデロン→パケタ  (→解任)
 オマーン :マチャラ →カルデロン
 バーレーン:ブリーゲル→マチャラ 

なんかリサイクルっぽいぞ(笑)


まあ、東アジアもそのうち日中韓でグルグルまわると
結構面白そうだけど。
posted by TDFR at 2007-04-09:20:07: | Comment(0) | TrackBack(0) | 西アジア | edit

バーレーン代表監督にミラン・マチャラ氏就任へ

【バーレーン】

・前オマーン代表マチャラ監督がバーレーン代表監督に就任

 

ガルフカップでの成績不振によりオマーン代表を解任されたミラン・
マチャラ Milan Macala 監督が、バーレーンFAと26ヶ月の契約を結んだとの報道。

Goal.com, 04/09



・バーレーン代表ブリーゲル監督解任

 

バーレーンのハンス・ピーター・ブリーゲル HansPeter Briegel  監督がガルフカップ・サウジアラビア戦
の敗戦(1−2)を受けて更迭され、アシスタントコーチで元キャプテンのマルジャラン・エイド Marjaran Eid
がこれから今大会のチームの指揮を執ることとなった。

ブリーゲル氏は2006年6月にバーレーン代表監督に就任、苦しみつつもチームを2007年
AFCアジアカップ本大会に導いた(01/21)

【オマーン】
posted by TDFR at 2007-04-09:19:43: | Comment(0) | TrackBack(0) | 西アジア | edit

元サウジ代表監督カルデロン氏がオマーン代表監督就任へ

【オマーン】【サウジアラビア】

 

元アルゼンチン代表のスター、ガブリエル・カルデロン Gabriel Calderon 氏が
オマーン代表の新監督就任に向け7日にも同国入りする模様。

オマーンサッカー協会情報筋によると、同協会はカルデロン氏を新監督として迎えることを
決めたとか。チェコ人のミラン・マチャラ Milan Macala 氏が監督の座を去ってから、
オマーン人のハマド・アル・アッザニ Hamad Al Azzani 氏がオマーン代表暫定監督として
指揮を執っていた。

カルデロン氏は1982年と1990年の2度のワールドカップにアルゼンチン代表として
出場。また、サウジアラビア代表監督も務めたことがあり、西アジアのサッカー状況にも
詳しい人物(04/07)

・オマーンがマチャラ代表監督を更迭



代表チームのミラン・マチャラ監督の更迭を26日に決めたオマーンサッカー協会(OFA)
がオマーン人のハマド・アル・アザニ氏を後任決定までの暫定監督とすることを明らかにした。

オマーンサッカー協会評議委員長のサイフ・アル・マスカリ氏を議長として行われた会議で、
1月にアブダビで開催されたガルフカップでのパフォーマンスに関する報告書を検討した結果、
マチャラ氏の更迭が決定された。

オマーンは決勝でホスト国のUAEに敗れて準優勝でこの大会を終えていた。


チェコ人のマチャラ氏は2002年にオマーン代表監督に就任、2年に一度開催される
ガルフカップでオマーン代表を率いて3大会に出場、うち2大会で準優勝に導いていた。

また、AFCアジアカップ2004中国大会ではオマーン代表を10度目の出場に導き、
2007年7月7日から29日まで開催されるAFCアジアカップ2007本大会への
出場権も獲得していた。

マチャラ氏はUAEのアル・アイン監督となり、AFCチャンピオンズリーグの決勝で
サウジアラビアのアル・イッティハドに敗れたものの2位にチームを導いた。2005年
シーズンでは代表チーム監督の座から離れていた(02/27)


posted by TDFR at 2007-04-09:18:12: | Comment(0) | TrackBack(0) | 西アジア | edit

サウジ代表監督が解任

【サウジアラビア】

・サウジアラビアサッカー協会、マルコス・パケタ氏を解任

 サウジアラビアサッカー協会によってブラジル人のマルコス・パケタ氏が代表チーム
 の監督から解任された。

 1月にUAEで開催されたガルフカップの準決勝で優勝したUAEに敗れて手ぶらで
 帰国することとなったサウジアラビア代表を率いていたパケタ監督へのサウジアラビア
 サッカーオブザーバーたちによるこの解任劇は、以前から広く予想されていた事態。

 サウジFFチェアマンのプリンス・ナワフ・ビン・ファイサルは、パケタ氏が大会
 での不振な成績について警告を受けてきていたとサウジ通信社に語った。

 パケタ氏の後任はブラジルの強豪ナウティコPE監督のヘリオ・アンゴス氏(49)
 Helio Angos となる予定(03/13


・サウジアラビアサッカー協会、サウジ代表カルデロン氏を解任、後任はマルコス・パケタ氏

 サウジアラビアの地元メディアの報道によると、アル・ヒラルのブラジル人監督、
 マルコス・パケタ氏がサウジアラビア代表新監督に指名された。同氏はアルゼンチン人の
 ガブリエル・カルデロン監督がドーハで12月初旬に開催された西アジア大会を成績
 不振に終えて更迭されたことから、後任となった模様(12/22)

 Calderon makes way for Paqueta(12/20)
 Saudis sack Calderon(middleeastonline.com, 12/20)

・サウジ代表監督にアル・ヒラルのパケタ監督が就任との噂

 

 サウジアラビアの一部メディアは、サウジアラビアサッカー協会が06年W杯ドイツ大会での
 代表監督を、アルゼンチン人のガブリエル・カルデロン現代表監督に代わる人物として
 アル・ヒラルのブラジル人、マルコス・パケタ Marcos Paqueta 監督に接近中であると報じた。

 カルデロン監督はドーハで開催されていた西アジア大会でのサウジ代表チームの成績不振を
 受け、解任の危機に立っている。(※結果は大会4位)

 一方パケタ氏はアル・ヒラルをリーグ準優勝に導き、ACL06への出場権を獲得。最近では
 親善試合でバレンシアを2−1で下していた。また、U17ブラジル代表を率いて
 2001年にはFIFA−U17世界選手権で優勝、さらに2003年にはFIFAワールド
 ユースでもブラジルユース代表を率いて世界一に輝いていた(12/18)


・サウジアラビアサッカー協会、カルデロン代表監督との確執の噂を否定

 

 サウジアラビアサッカー協会は、ガブリエル・カルデロン代表監督の06年W杯に向けての
 代表チームの準備に不満をもっていることから、同監督を更迭するという噂を否定。

 しかし、13日に行われた代表チーム委員会会議では、カルデロン監督の代表チームの準備
 プランを聞き、同監督への質問リストが作成された(12/14)
posted by TDFR at 2007-03-13:00:44: | Comment(2) | TrackBack(0) | 西アジア | edit

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。