ハサナル・ボルキアトロフィー2007・ブルネイU21代表登録選手

☆ハサナル・ボルキアトロフィー2007・ブルネイU21代表登録選手


 #.name                                   birth  
--------------------------------------------------
 1 Abdul Yazid Bin Awg Yusof              15.07.87
 2 Abdul Hafiz Bin Ahad                   21.05.87
 3 Md Syarafuddin Hamdi Bin Hj Talib      08.10.87
 4 Abdul Aziz Bin Tamit                   07.09.89
 5 Reduan Bin Petara                      25.03.88
 6 Mohd Kamirol Fikri Bin Ali             21.07.89
 7 Hj Khairol Anwar Bin Hj Md Yaakub      27.03.87
 8 Ak Nurrul Alesahahnezan Bin Pg Metali  21.01.89
 9 Awgku Mohd Asrin Bin Pg Hj Mohammaddin 06.01.87
10 Mohd Najib Bin Hj Tarif                05.02.88
11 Mohd Nazirul Nazreen Bin Abdullah      24.06.89
12 Abd Mu'izz Bin Sisa                    20.04.91
13 Micky Anak Gindi                       30.11.88
14 Mohd Helmi Bin Zambin                  30.03.87
15 Azwan Bin Muhd Saleh                   06.01.88
16 Mohd Nazri Bin Hj Hassan               16.01.89
17 Ak Mohd Kamarul Arffin Bin Pg Ramlee   17.01.87
18 Awgku Omar Nur Aqammaddin              08.01.90
posted by TDFR at 2007-03-30:10:17: | Comment(0) | TrackBack(0) | ブルネイ | edit

海外組台湾人選手情報

 【台湾】【日本】

★林家聖   Lin Chia-sheng  1980年7月12日生 FW

 

<所属クラブ> 

 1997-2000  台北銀行                            Taipei City Bank
 2000        銘傳大学                             Ming Chuan Univ.
 2001-2002   台湾国立スポーツトレーニングセンター NSTC
 2003    台北市立体育学院                     Taipei Physical Education College
 2003-2004   台湾国立スポーツトレーニングセンター NSTC
 2004–2005  ヘイズFC(リザーブ)                 Hayes(イングランド)
 2005–2006   ボルトン・ワンダラーズ(リザーブ)  Bolton Wanderers Reserve

  2007-       ※トライアウト
       ・ロサンゼルス・ギャラクシー     Los Angeles Galaxy   (米国) ラスト24名にまで残る
       ・クラブ・デポルティボ・シーバス   Club Deportivo Chivas(米国)年齢で合意できず
       ・6月にスペインのチームへトライアウト予定

<代表>

 1998        台湾U19代表
 2000        台湾U23代表
 2003    台湾フットサル代表
 2006-       台湾代表

http://zh.wikipedia.org/wiki/%E6%9E%97%E5%AE%B6%E8%81%96

☆ル・クンチ(グルージャ盛岡)

 

 北社会人サッカーリーグ1部のグルージャ盛岡が、台湾代表のGK呂昆シ(ル・クンチ)=
 186センチ、78キロ=を獲得することが、27日分かった。台湾選手の海外への移籍は
 初めて。来年4月に正式契約し、チームに合流する。

 21歳のル・クンチは、国立台湾体育学院大に通う3年生。五輪アジア予選や2004年の
 ワールドカップアジア予選に中心選手として出場するなど豊富な代表歴を持つ。

 FIFAランキング163位の台湾は、04年にサッカーリーグが開幕。05年3月の
 東アジア選手権予選大会では2位、06年4月にアジアの新興国代表16チームが参加した
 AFCチャレンジカップではベスト8に入った。

 現在、台湾ナショナルチームを率いる今井敏明監督は、グルージャ盛岡の八重樫茂生
 スーパーアドバイザーが富士通(現川崎フロンターレ)総監督を務めた当時、選手として所属。
 師弟関係からJリーグ入りを目指すチームの強化策として移籍話に発展した。

 チームを運営する特定非営利活動法人(NPO法人)Jリーグチームを盛岡に作る会の
 松好文司理事長は「台湾からの海外移籍第1号で、チームの守備の要として期待している」
 としている。
 
 岩手日報(12/28)


・経歴

 代表デビューは2004年10月14日の対パレスチナ戦(W杯予選)
 2005年6月にJリーグ・ジュビロ磐田の強化部部長、鈴木政一氏が
 台湾サッカーの強化ならびに若手発掘のために同国を訪れた際に行われた
 テストではうまくアピールすることが出来ず。その1ヵ月後、台湾体育大学の
 教授のサポートを受け、日本でトレーニング・テストを受けることが出来た。

 そのトレーニングを受け入れたのが、横浜FCとジェフ千葉である。
 しかし、両チームでも入団するには至らなかった。

 2006年10月、台湾代表・今井敏明監督の推薦の元、再度日本で
 テストを受けることが可能となり、横浜Fマリノスで2週間のトレーニングを
 行った。

 横浜Fマリノスでも入団することはかなわなかったが、日本の地域リーグ所属チーム、
 グルージャ盛岡が獲得することとなった。彼は2007年4月に来日する予定。

 なお、彼は台湾人初の日本のサッカーチームへ移籍する選手となる。

 wiki 国立台湾体育学院男子足球隊



 ☆以下、台湾サッカー協会からJFAへの書類

 2006年10月4日

 日本サッカー協会  ゼネラルセクレタリー 田嶋 幸三 様
       中華民国足球協会 秘書長 林徳嘉

 選手派遣について・訂正依頼 


 平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

 前回依頼していた練習参加選手は派遣取止めとなりました。そこで、国立台湾体育学院大学・
 趙榮瑞先生の協力により、下記の2名を派遣する次第となりました。本件に関し、当方の都合に
 より多々ご迷惑をおかけし申し訳ありませんが、ご協力の程、何卒よろしくお願いいたします。 


 記 


 選手 
  氏名        呂昆シ(LU, KUNCHI)
  生年月日      1985年2月6日(現在21歳)
  身長/体重     185cm/78kg
  ポジション     GK 


  氏名        陳柏良(CHEN, POLIANG)
  生年月日      1988年8月11日(現在18歳)
  身長/体重     180cm/66kg
  ポジション     MF 


 所属        両名とも国立台湾体育学院大学 
 代表暦       2006年 AFCアジアカップ予選出場 
                             AFCチャレンジカップ出場

 練習参加予定チーム 横浜Fマリノス(ユースチーム) 
 予定期間      2006年10月13日〜27日(2週間) 
 その他       宿泊場所・日台往復費用等:台湾サイドにて負担
           台湾体育学院(趙榮瑞先生手配) 
 以上 


 追記

 現在、両名とも台湾代表チームの一員として活躍しております。呂昆シはGKとして
 能力も高くイラン、韓国との対戦でも多くのファインセーブを見せております。

 また、陳柏良は攻撃的なMFとしてプレーしていますが、まだまだ経験不足であります。
 現状では、台湾国内で充実した試合が行ない難く、技術・戦術的に未開発であり本人の
 成長の為、台湾国内でのサッカーへの関心の喚起、さらには台湾でサッカーをする若者
 の希望を膨らませる為にも、是非日本でのプレーを期待いたしております。

 お手数おかけいたしますが、何卒よろしくお願いいたします。

 中華台北(台湾)代表チーム監督:今井敏明 
posted by TDFR at 2007-03-30:03:03: | Comment(7) | TrackBack(0) | 東アジア | edit

今日のアレマニアさん

どうやら等々力の対アレマ・マラン戦には、日本で
働いているアレマニアたちが集まる予定だそうです。

多分多くて十数人だろうけど、アレマニアはどこにでもいるな(笑)
posted by TDFR at 2007-03-28:12:11: | Comment(0) | TrackBack(0) | インドネシア | edit

AFCカップ2007第2戦

・AFC Cup 2007 Group F @ Tampines Stadium, シンガポール

 2006/03/20 Tampines Rovers(SIN) 2 - 1 Osotspa M-150(THA)

TPN: Peres de Oliveira 25', Noh Alam Shah 79'
OSS: Worawut Wangsawat 76' (pen)

 Attendance: 2,668

 - Tampines Rovers

  Rezal Hassan (GK), Nazri Nasir ©, Shariff Abdul Samat, Zulkarnaen Zainal,
  Ridhuan Muhammad, Rafi Ali, Aliff Shafaein (Tan Kim Leng 29), Mustafic Fahrudin,
  Santi Chaiyaphuak (Ibrahim Noh 78'), Peres de Oliveira (Naufal Omar Ashiblie 90),
  Noh Alam Shah.


 - Osotspa M-150

  Phanuphong Suwatsrisakul (GK), Siwamet Thanuson, Tanasit Tong-in, Boonmee Boonrod,
  Ponlawat Wangkahad, Kobdetch Chobmanotam (Apipoo Suntornpanavej 65), Worawut Wangsawat ©,
  Jessada Puanakunmee, Decha Pattakua (Thongchai Ratchai 62), Kritsada Kemden (Thawatchai Damrong-Ongtrakul 59),
  Wuttichai Khookaew.


・AFC Cup 2007 Group E @ Mongkok, 香港

 2007/03/20 Happy Valley(HKG) 1 - 4 SAFFC(SIN)

 HVL: Lee Sze Ming
 SAF: Therdsak Chaiman, Mohd Noor Ali, Aleksandar Duric x2


 - Happy Valley:

  Fan Chun Yip, Lee Wai Man, Gerard Guy Ambassa, Joao Fantin Evanor, Poon Yiu Cheuk,
  Vandre Monteiro, Cheung Sai Ho (Sham Kwok Keong 63), Lee Sze Ming, Poon Man Tik (Sham Kwok Fai 77),
  Law Chun Bong (Feng Ji Zhi 70), Fabio Alcantara.


 - SAFFC:

  Shahril Jantan, Faizal Abdul Hamid (Hafiz Osman 75), Daniel Bennett, Kenji Arai, Shaiful Esah,
  Mohd Noor Ali (Jamil Ali 90), John Wilkinson, Therdsak Chaiman, Mustaqim Manzur,
  Ashrin Shariff (Aidil Sharin 80), Aleksandar Duric.

http://www.sleague.com/new0101.asp?ID=1959
posted by TDFR at 2007-03-26:13:42: | Comment(0) | TrackBack(0) | AFCカップ | edit

今季インドネシアで放送されたJリーグ

第2節:清水−千葉
第3節:川崎−横浜FC

第3節の放送にアレマニア大喜び、だったらしいです。

第2節は千葉サポさんはがっかりでした。ちなみに報告してくれた
アレマニアは、

 千葉VSジェフユナイテッド

というカードだと思っております(笑)
posted by TDFR at 2007-03-20:15:36: | Comment(0) | TrackBack(0) | インドネシア | edit

地味に関係あるかもしれんなー。

> タイ初の私大、おしゃれな国際派
>
> 昨年創立40周年を迎えたバンコク大学(Bangkok University)は、
> ドリンク剤最大手オーソトサパのオーナー、オーサタヌクロ(林)家
> が創設したタイ初の私立大学だ。
>
> 学生数約2万7,000人と私大では
> タイ最大規模で、資金力を生かした充実した施設で知られる。
>
> 校内に外国人の姿が目立つなど国際色豊かで、全体的に華やかな感じの大学だ。

http://www.newsclip.be/school/002050.html

オーソトサパはタイ・プレミアリーグの強豪チームも
所有しております。
posted by TDFR at 2007-03-20:10:29: | Comment(0) | TrackBack(0) | タイ | edit

マレーシアで国際クラブ間U19選手権が開催予定

2007年8月5日から19日まで、マレーシアにて
以下のチームが参加するU19選手権が開催とのこと。

予選リーグはアロースター、クアンタン、マラッカ、クチン、
決勝トーナメントはKLにて開催予定(03/19)

 AC Milan (Italy)
 Ajax Amsterdam (Holland)
 Arsenal (England)
 Boca Juniors (Argentina)
 Barcelona (Spain)
 Bayern Munich (Germany)
 Chelsea (England)
 Flamengo (Brazil)
 Juventus (Italy)
 Inter Milan (Italy)
 MALAYSIA
 Manchester United (England)
 Paris St. Germain (France)
 PSV Eindhoven (Holland)
 Porto (Portugal)
 Qatar

すげー!!

http://www.fam.org.my/editor/news_headlines03.asp
posted by TDFR at 2007-03-19:20:00: | Comment(0) | TrackBack(0) | マレーシア | edit

シンガポール版6月の勝利を忘れない

ドキュメンタリー映画:The Kallang Wave



シンガポール代表の苦難と栄光を記録したドキュメンタリー
であります。結構面白そう。

http://thekallangwave.com/
http://news.scoopasia.com/index.php/news/the_kallang_wave_roars_into_cathays_the_picturehouse
posted by TDFR at 2007-03-19:19:56: | Comment(0) | TrackBack(0) | シンガポール | edit

北京五輪アジア2次予選第2戦結果

北京五輪アジア2次予選第2戦 @ Stadium MBPJ, マレーシア

 2007/03/14 マレーシア五輪代表 1 - 2 日本五輪代表

  JPN: Sota Hirayama, Tadanari Lee 
  MAS: Mohd Khyril Muhymeen Zambri 

 - Malaysia: 

 Nadril Nourdin, Mat Sabree Abu, Syamsul Sabtu, Aidil Zafuan Abdul Razak, 
 S. Subramaniam, Sanramsak Kram, Amirul Hadi Zainal (Mohd Azrul Ahmad), 
 Safiq Rahim, Azi Shahril Azmi, Khyril Muhymeen, Mohd Azril Abdul Hamid. 

  - Japan: 

 Akhiro Hayashi, Naoki Aoyama (Tadanari Lee), Hiroki Mizumoto, Koki Mizuno, 
 Masahiko Inao, Chikashi Masuda, Yohei Kajiyama, Toshihiro oyama, Akhihiro Ienaga,
 Keisuke Honda, Sota Hirayama. 


・北京五輪アジア2次予選第2戦 @  @ マカッサル, インドネシア

 2007/03/14 インドネシア五輪代表 0 - 1 ベトナム五輪代表

    VIE: Le Cong Vinh 

  

  - Vietnam:

    GK:Tran Duc Cuong; DF:Doan Viet Cuong, Mai Xuan Hop, Nguyen Thanh Long Giang, 
  Nguyen Van Bien; MF: Nguyen Vu Phong, Nguyen Minh Chuyen, Vo Duy Nam, Mai Tien Thanh
    FW: Le Cong Vinh, Nguyen Anh Duc.

    - Indonesia: 

    GK:Roni Triprasnanto; DF: Talijfiq Karsun, Achmad Jlifrianto, Boby Satria, Dedi Intra
    MF:Khomad Suharto, Hendra Ridwan, Asmad Bustomi; FW: Choirul Monif, Jajang Muliana.  

  http://english.vietnamnet.vn/sports/2007/03/673264/
posted by TDFR at 2007-03-15:12:51: | Comment(0) | TrackBack(0) | 五輪地区予選 | edit

ハサナル・ボルキア・トロフィー(東南アジアU21選手権)2007

☆アセアンU21選手権 02/22 
 
 

 開催地 :ブルネイ 
 開催日程:3月3日から12日 
 
 ▽グループA 
 
 【シンガポール】【タイ】【マレーシア】【ベトナム】 
 
 ▽グループB 
 
 【ブルネイ】【ミャンマー】【フィリピン】【カンボジア】 
 
 
 ※インドネシア・ラオスは北京五輪2次予選の為出場せず。 
 
 
 えらい偏ったグループ分けだな。

 公式サイト

 ハサナル・ボルキア・トロフィー公式ソング

♪アーセアン・トゥギャ〜ザ〜

うう、すげえダセえ(笑)

▽グループA

                  P  W  D  L   F   A Pts
 ----------------------------------------
 1. タイ          3  3  0  0  11   1  9 
 2. マレーシア    3  1  1  1   4   5  4 
 3. ベトナム      3  0  2  1   1   6  2 
 4. シンガポール  3  0  2  1   0   2  1 

▽グループB        
                  P  W  D  L   F   A Pts
 ----------------------------------------        
 1. ミャンマー    3  3  0  0  19   2  9 
 2. カンボジア    3  1  1  1   8   9  4
 3. ブルネイ      3  1  1  1   6   7  4
 4. フィリピン    3  0  0  2   3  16  0 


▽準決勝

 2007/03/10 タイ       10 - 1 カンボジア

 THA: Phonlawut Donehui, Anawin Jujeen x2, Wisoot Bunpeng x2, Alef Pohji, Naruphol Ar-Romsawa
       Choklap Nilsang, Sakarin Chanyotha, Chainarong Tatong

  CAM: Chan Chaya

 2007/03/10 ミャンマー  2 - 0 マレーシア

 MYA: Aung Myo Thant, Si Thu Than


▽決勝

 2007/03/12 タイ 0(5PK4)0 ミャンマー


 優勝:タイ
posted by TDFR at 2007-03-13:20:34: | Comment(0) | TrackBack(0) | 東南アジア全般 | edit

サウジ代表監督が解任

【サウジアラビア】

・サウジアラビアサッカー協会、マルコス・パケタ氏を解任

 サウジアラビアサッカー協会によってブラジル人のマルコス・パケタ氏が代表チーム
 の監督から解任された。

 1月にUAEで開催されたガルフカップの準決勝で優勝したUAEに敗れて手ぶらで
 帰国することとなったサウジアラビア代表を率いていたパケタ監督へのサウジアラビア
 サッカーオブザーバーたちによるこの解任劇は、以前から広く予想されていた事態。

 サウジFFチェアマンのプリンス・ナワフ・ビン・ファイサルは、パケタ氏が大会
 での不振な成績について警告を受けてきていたとサウジ通信社に語った。

 パケタ氏の後任はブラジルの強豪ナウティコPE監督のヘリオ・アンゴス氏(49)
 Helio Angos となる予定(03/13


・サウジアラビアサッカー協会、サウジ代表カルデロン氏を解任、後任はマルコス・パケタ氏

 サウジアラビアの地元メディアの報道によると、アル・ヒラルのブラジル人監督、
 マルコス・パケタ氏がサウジアラビア代表新監督に指名された。同氏はアルゼンチン人の
 ガブリエル・カルデロン監督がドーハで12月初旬に開催された西アジア大会を成績
 不振に終えて更迭されたことから、後任となった模様(12/22)

 Calderon makes way for Paqueta(12/20)
 Saudis sack Calderon(middleeastonline.com, 12/20)

・サウジ代表監督にアル・ヒラルのパケタ監督が就任との噂

 

 サウジアラビアの一部メディアは、サウジアラビアサッカー協会が06年W杯ドイツ大会での
 代表監督を、アルゼンチン人のガブリエル・カルデロン現代表監督に代わる人物として
 アル・ヒラルのブラジル人、マルコス・パケタ Marcos Paqueta 監督に接近中であると報じた。

 カルデロン監督はドーハで開催されていた西アジア大会でのサウジ代表チームの成績不振を
 受け、解任の危機に立っている。(※結果は大会4位)

 一方パケタ氏はアル・ヒラルをリーグ準優勝に導き、ACL06への出場権を獲得。最近では
 親善試合でバレンシアを2−1で下していた。また、U17ブラジル代表を率いて
 2001年にはFIFA−U17世界選手権で優勝、さらに2003年にはFIFAワールド
 ユースでもブラジルユース代表を率いて世界一に輝いていた(12/18)


・サウジアラビアサッカー協会、カルデロン代表監督との確執の噂を否定

 

 サウジアラビアサッカー協会は、ガブリエル・カルデロン代表監督の06年W杯に向けての
 代表チームの準備に不満をもっていることから、同監督を更迭するという噂を否定。

 しかし、13日に行われた代表チーム委員会会議では、カルデロン監督の代表チームの準備
 プランを聞き、同監督への質問リストが作成された(12/14)
posted by TDFR at 2007-03-13:00:44: | Comment(2) | TrackBack(0) | 西アジア | edit

アレマニアと僕の往復書簡

・アレマニアが予想する川崎フロンターレ

> 川崎フロンターレはファイティングスピリットがあるって君に聞いたけど、
> それはいわゆる”武士道”ってやつかな?日本人にあるプライドと
> 聞いたけど。

 いや、川崎のファイティングスピリットは、
 汚い・貧乏臭い・注目されないという精神です…。


アレマニアから浦和へのメッセージ

> I hope Urawa Reds will beat Fucking Persik Kediri.

わはははは。 理由はこちら。



・いまアレマニアの中で最も話題沸騰なのは・・・

インドネシアのアレマ・マランのサポからの問い合わせ:

> ミヤビってのが川崎マラン遠征ツアーに居る?彼女がどんな人か知らないけど、
>すげえ美人らしいじゃん。どんな娘なの?

なんだそりゃ(笑)妄想ムンムンなジャパニーズな名前だなー。

俺知らんぞ!
posted by TDFR at 2007-03-05:11:33: | Comment(0) | TrackBack(0) | AFCチャンピオンズリーグ | edit

タイ代表チャンウィト監督、ベトナムリーグ行きをやめてタイ代表監督に再就任

【タイ】【ベトナム】


・タイ代表のチャンヴィト・パラジヴィン氏が代表チームの指揮を今後4年間
 執ることを決めたと明らかにした。同氏はベトナムリーグのクラブの監督への
 就任がほぼ決定しかけていたが、タイスポーツ省の必死の説得が功を奏した模様。

 チャンヴィト氏は観光・スポーツ省のスヴィト・ヨドマネー長官から7月の
 AFCアジアカップ2007と12月のSEA大会を控えるため、あと1年残って
 ほしいと要請されたと語った。

 タイはAFCアジアカップ2007で共同開催国の1つであり、SEA大会では
 ホスト国を務める。

 同氏はベトナムのドン・タプと契約すると明らかにし、契約のために先週ハノイ
 に行く予定をしていたことで多くの批判を浴びていた。

 チャンヴィト氏はハノイには行ったものの、400万バーツ(11万4000USD)の
 エクストラ要求をクラブがすぐに呑まなかったため、契約書へのサインはしなかったと
 1日に明らかにした。

 チャンヴィト氏は先週監督に指名されていた元コーチに代わって、タイ代表監督
 として再度指名された(03/02)



・ポルチヴィン監督の離タイ後のために、タイサッカー協会が
 Thongsuk Sampahangsit トンサク・サンパハンシッ氏を新監督に(02/22)

・ポルチヴィン監督、ベトナム・ドンタップとの契約間近(02/21)

・タイFA幹部が、ポルチヴィン監督はベトナムに行かないだろうと発言(02/17)

・ポルチヴィン監督、ベトナムへ交渉のため出発へ(02/09)

・タイ代表チャンウィト・ポルチヴィン Chanwit Pholchivin 監督が
 ベトナムVリーグのドンタップ Dong Thap 監督就任の可能性を示唆(01/31
posted by TDFR at 2007-03-02:12:42: | Comment(0) | TrackBack(0) | タイ | edit

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。